金津園の中級店で稼げるようになるために! バック金額が低いと思ったら交渉も考えてみましょう

多くのお店と同じように、風俗、特にソープは密集している地域とそうでない地域があります。
密集している地域では多くのソープが立ち並び、いわゆるソープ街が形成されているのが特徴的です。
一方、ソープに関してはほとんどない地域は本当に一切なく、いざソープで働こうと思っても出稼ぎに行かなければ働けない、という状況になることもしばしばだと思います。
金津園は、日本でも有数のソープ街が立ち並ぶ地域のひとつです。

町の一角はソープだらけですが、どのお店も古く、一見するとどこで働いても同じだと考えるかもしれません。
しかしながら、立ち並ぶソープには外見ではわからないながらも高級店から激安店までのランクが存在しており、どこで働くかによって収入も全く違ってきます。
ここでは、数あるソープの中でも、ちょうど中級に位置する「中級店」で稼ぐための方法についてまとめていきましょう。

金津園の中級店はどれくらい稼げる?

クエスチョン前述したように、金津園にはかなり幅広いソープが立ち並んでいます。
その中でも中級店は、1回のプレイあたり100分4万円~5万円あたりの金額を支払うお店のことをいうようです。
もちろん、これはお客さんが支払う金額なのでこの全てが女性の懐に入ってくるわけではありません。
4万円~5万円のうち、おおよそ半分ないしはその前後が女性の給料になります。

女性の頑張りによって違いますが、雑費も差し引くと、4万円であれば2万8千円程度が女性のバック金額になるようです。
ソープはヘルスと異なって詳細なオプションが存在していないので、基本的にはこうした金額の積み重ねで稼いでいくことになります。
一日にどれくらい稼げるのか、という点は出勤する時間によって大幅に違ってきますが、頑張り次第では中級店でも1日10万円を稼ぐこともできるようです。
もちろん、10万円を稼ぐためには本数をこなす必要があるという点には留意しておきましょう。

前述したように、1本あたりおおよそ3万円前後ですから、1日で10万円を稼ごうと思うと、おおよそ4本ほどはこなさなければなりません。
しかし、いざ勤め始めても1日4本もつかない、という女性もいるでしょう。
むしろ暇なことが多く、長い時間出勤するのが無駄なような気がするかもしれません。
そこで、以下において金津園の中級店で稼ぐための方法についてまとめていきたいと思います。

金津園で稼ぐためにはどうすればいい?

風俗で稼ぐためには、安定して本数をこなすような環境が必要です。
その点、金津園のソープは歴史があり、それでいて観光名所としてもある程度名が知れ渡っている上、立地的にも通う人がそれなりにいるため、集客力は問題ありません。
ごく一部、場末のソープや超高級ソープなどは集客力がない可能性もありますが、それなりの値段がする中級ソープに問題があることは少ないでしょう。

しかしながら、そういった「人が入ってくる」お店であるにも関わらず、全く呼び出しがかからないことがあるのもまた事実です。
では、そういった場合にはどうすれば稼ぐことができるようになるのでしょうか。
最も単純な方法は、本指名のお客さんをたくさんつけることです。
いわば、「お店に来たら指名してくれる」お客さんをつけることで、安定して本数をこなすことができます。

熱心なお客さんであれば、出勤にあわせて予定を調整してくれる人もいるでしょう。
本指名のお客さんをつけるためには、もちろんお客さんに気に入られなければなりません。
気持ちのよいプレイを心がけたり、言葉遣いに気を遣ったりと、お客さんを夢中にさせることができれば、本指名のお客さんとして何度もやってきてくれることでしょう。
ただ、本指名のお客さんを何人も獲得するのには技術がいります。

それは接客技術もそうですが、マットプレイの技術や、気持ちよく本番をする技術、見た目をよく見せるのも技術のひとつでしょう。
もちろんそこには努力が必要です。
もし努力をしているのに稼げないというのであれば、時間帯がわるいのかもしれません。
観光シーズンなどはどんな時間でもお客さんがいたりしますが、特に平日の朝~昼の時間帯は人が少なく、閑古鳥が鳴いていることも少なくありません。

時計そのため、夜からオーラスまでを勤める時間帯として働くのもひとつの手でしょう。
ソープはやはり夜のお店ですから、夜の時間帯のほうが稼げるということも多いのです。
時間帯を変えても稼げないというのであれば、お店の移籍を考えたほうがいいかもしれません。
というのも、ヘルスほど詳細に分化はしていないものの、ソープにもやはり「色」というものが存在します。

「可愛い系」「綺麗系」と漠然とした「色」ですが、これは結構大切なのです。
そのお店の色にあっていなければいくらルックスがよくても指名がつかないこともあります。
自分のルックスは意外と客観的に見られないことも多いので、もし稼げないというのであれば、一度人に意見を求めて、色のあうお店に移籍するのもひとつの手かもしれません。
もしくは、いっそのことお店のランクを落としてしまうのも手です。

中級店よりもバックの安いお店は大衆店、激安店と呼ばれますが、こうしたお店は金額が安い分客入りもよく、フリーのお客さんもよくつきます。
つまり、指名がいなくてもある程度稼ぐことができるわけですね。
また、S着店で働いているのであればNS店にうつってみるのも1つの手でしょう。
ただ、NS店で働く際には避妊の方法を考えなければいけないので、そのあたりはきちんと把握しておきましょう。

金津園の中級店だけどバックが低い? もしかしたら交渉次第であがるかも

まれにですが、お客さんは入っているけれど思ったより稼げていないという女性がいます。
そんな人は、一度バック金額を見直してみるといいかもしれません。

お客さんの支払う金額に対して、女性の取り分をバック率と呼びますが、このバック率が可変であるお店は結構多いのです。
例えば、入店当初は5割のバックでも、ある程度指名が増えてきたら6割バックまで増やす、というお店もあります。
風俗業界未経験の女性や、風俗に入って日が浅い女性はこの仕組みを理解せず、最初のバック率で働き続けていることもあるのです。
お店のほうも出来る限り儲けたいので、特に女性から何も言わなければバック率を固定していることもあります。

ですから、もしバック率が低いな、と思ったのであれば、お店のほうに交渉してみるのも1つの手でしょう。
もし本指名のお客さんがついているような女性であれば、お店のほうも辞められては困るので、交渉に応じてくれるはずです。
直接交渉するのが怖いのなら電話でもいいですし、軽い気持ちで「バックあがりませんか?」と聞いてみてもいいでしょう。

金津園の中級店のまとめ。お店選びが重要です

矢印金津園にはかなり多くのソープ店があるゆえに、どのお店で働くのか、という点がとても重要になってきます。
バック金額もそうですし、集客力、そして、お店の色もそうです。

自分がどの程度のランクで稼げる逸材なのかもわかりづらいと思うので、困ったら一度面接しに言ってみるのも手でしょう。
もちろん未経験で高級店にいくのは難しいと思いますが、中級店であれば未経験の女性も多く採用しています。
漠然と金津園で働きたいといっても、お店によって待遇は全く違ってきます。
ソープで働く際には、稼ぐためには自分で自分を知ることが大切なのです。

必ず自分に合ったお店で働き、稼いでいきたいところですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする