待ち合わせ時間は?現役キャバ嬢が同伴の際に気をつけていること

風俗嬢が風俗バイトを始める理由の中で最も多いのはなんだと思いますか?
1位は「お金をたくさん稼ぎたいから」です。

おそらくこの記事を読んでいるあなたもそうだと思います。
世の中でお金を稼ぐにはスキルやノウハウがないといけません。
自分にはそんなスキルやノウハウはない」という女性は多いはずです、しかしそんなことを考えている女性でも風俗バイトであれば勤めることができます。
ジャンルにもよりますが、1ヶ月に100万円も夢ではないのです。

あなたはどのジャンルの風俗バイトをしようと考えていますか?
今回の記事のテーマではキャバクラについての話をしていきます。
キャバクラはどのようなイメージがあるでしょうか。
これは地域によってイメージが変わってくるかと思いますが、基本的には「お酒と女性と会話」という単語がしっくりくるという方が多いと思います。

キャバ嬢はお客さんをおもてなしをするプロですから、お客さんに対しての扱いがとても上手でなければ稼ぐことができません。
稼ぐためにはお客さんから指名を獲得することが必要になってきます。
指名を獲得するために必要な行動として「同伴」が挙げられます。
同伴はお客さんとコミュニケーションを取る上でとても大切な要素の一つです。

今回は現役のキャバ嬢が同伴の際に気をつけていることを紹介していきたいと思います。
キャバ嬢を目指している方は参考にしてみてください。

同伴は気をつけることがたくさん

男性 女性キャバ嬢を経験したことがない方は同伴の経験も無いことでしょう。

同伴はお客さんとのコミュニケーションを取るための大切な時間です。
同伴をするからには、お客さんにまたお店に会いにきてもらえるように接待をしなければなりません。
同伴の際には気をつけるべきことがたくさんあります。
今回は同伴の際に待ち合わせ時間をどうするのかということを解説していくわけですが、その他にも大切な気をつけるべきことや工夫することも紹介していきます。

楽しいと感じてもらう工夫をする

キャバ嬢からしてみれば同伴は「指名を獲得するために必要な時間」の一つですが、お客さんからしてみれば同伴は「お気に入りのキャバ嬢との楽しい時間」です。
お客さんが「同伴してほしい」と思うのは「楽しい時間を過ごしたいから」です。
お客さんが楽しい時間を過ごすためにはどうしたらいいのかを考えることが必要になってきます。

相手を楽しませるためにはまず自分が楽しむことが必要です。
同伴は義務になってはいけません。
「しなければいけない」は相手に伝わってしまうものです。
「◯◯さんと同伴したい」と心から思えるような工夫をしましょう。

そうすればお客さんは「また会いたい」と思ってくれるはずです。

聞き役になる

お店で接客する時々同様、同伴の際は聞き役になることを意識しましょう。
人は誰でも話を聞いてもらいたいと思っているものです。

自分の話を聞いてくれる人を信頼する傾向にあります。
キャバクラに足を運ぶお客さんは皆キャバ嬢に話を聞いてもらいたいのです。
同伴はリフレッシュにもなります。
お店では成り立たないような内容の会話が同伴の際にすることができます。

店外で2人きりだからこそできる会話を聞いてあげるようにしましょう。

お願い事を1つする

キャバ嬢はお客さんに楽しいと思ってもらえるような時間をつくることを意識する必要があります。
かと言って、お客さんのために自分の欲を抹消するということではありません。

お客さんに必ず一つお願い事をするようにしましょう。
これは心理的な作戦の一つでもあります。
スターバックス「スタバによりたいなぁ」や「フレンチディナーが食べたいなぁ」というようなお願いごとをすることにより、お客さんは「この子を面倒見てあげている」という意識を持ち、優越感に浸ることができます。
なんでもお客さんのいいなりになるのではなく、自分のしたいことを一つだけお願いしてみると良いです。

お店に一緒に行く

同伴の際は必ずお店に一緒に入店するようにしましょう。
同伴に不慣れなキャバ嬢は「また後でね!」と一度解散してしまうことがあるようです。
それではその日の売上に繋がらない可能性が高くなってしまいます。

お客さんの気が変わらないように、お店にも一緒に来店しましょう。
また、入店させることがゴールではありません。
入店してからもお客さんとの時間は続きます。
お客さんが引き続き楽しいと感じてもらえるような工夫をするようにしましょう。

マナーに気をつける

同伴の際に気をつけることの中で最も大切なことであると言えるのは「マナー」です。
特に食事のマナーには気をつけましょう。
お客さんと同伴する際は食事をする場面がほとんどのはずです。

女性らしい食べ方や、メニューのオーダーの仕方やタバコの火の付け方、灰皿の渡し方などに配慮することでお客さんを立ててあげることができます。
また、カラオケに行く際にもお客さんを第一にして行動するようにしましょう。
お客さんの年代で流行っていた歌を歌えるようにしておくこともマナーの一つと言えます。

待ち合わせ時間は?

時計同伴をする際、キャバ嬢はどのようにして当日を迎えるのでしょうか。
おそらく多くの方は「集合時間の設定はどうしたらいいの?」とお悩みでしょう。
「同伴の時はお客さんがお金を出してくれるのだから、自分から時間指定は出来ないし、、、」ということでお客さんに時間を任せてみると、とんでもない早い時間に呼び出しをくらうことになる可能性もあります。

現役キャバ嬢の中には「20時同伴出勤の予定が、お客さんに時間指定を任せたら17時集合になってしまった」ということもあるようです。
このようにならないように、同伴に慣れている現役キャバ嬢は「○時以降なら同伴可能です!」と伝えておくようにしているようです。
もちろん遅刻はできませんし、同伴出勤に沿ったベストタイムを提示しておきましょう。

同伴も仕事という認識を持つ

同伴はお客さんと一緒に店外で食事や買い物に行くことが大半です。
しかし、遊びではなくて仕事という認識を持っておくことを忘れないようにしましょう。
キャバ嬢自体が遊びに行っている感覚を持ってしまうと、お客さんとの関係があやふやになってしまいます。
同伴に誘うお客さんは、そのキャバ嬢のことを気に入っています。

キャバ嬢としてだけではなく、女性として見ている場合も考えられます。
キャバ嬢とお客さんであるという認識を自分が持つことで、同時にお客さんもその認識を持つことができます。

まとめ

今回は待ち合わせ時間をメインに、キャバ嬢が同伴の際に気をつけることを解説していきました。

風俗バイトの中でキャバクラで働きたいと考えている方は本記事が参考になったのではないでしょうか。
キャバ嬢が同伴をする際、気をつけなければいけないことがたくさんあります。
同伴慣れするまではお客さんに迷惑をかけてしまうことも多々あるかとは思いますが、成長の糧だと思って努力をしてみてください。
キャバクラは努力次第でとても稼ぐことができる職種です。

キャバクラで学んだことはその他の仕事でも必ず活きてくると思います。
キャバ嬢を短期間だけやってみようと考えている方でも、意識が低い状態でだらだらと働くのではなく、意識を高く持って稼げるキャバ嬢を目指してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする