風俗嬢が稼いだ金額は貯金しているの?それともすぐ使う?

風俗店で働くと、昼職で働くよりも多くの給料が手に入ります。
しかし、稼いだお金を他の風俗嬢はどう使っているのでしょうか。
貯金をしているのでしょうか?
それともすぐに使っているのでしょうか?
ここでは、風俗嬢のお給料の使い道を中心にご紹介します。

学生は学費、生活費

電卓風俗店で働く学生は、主に学費生活費を稼いでいます。
私立大学や専門学校であれば、学費だけで年間100万円を超えますし、女性の一人暮らしであれば切り詰めても毎月10万円ほどは掛かります。
近年では、親世代でも安定して収入を得ることが難しくなってきました。

そのため、大学4年間の仕送りが継続できなかったり、学費が払えなくなることもあるのです。
学校を辞めたくない女性は、勉強の合間を縫い、風俗業界で働き、学費や生活費を工面しています。
風俗は短時間で多くのお金を稼げるため、学費や生活費を短期間で貯められます。
また、収入が安定しない非正規社員のOLやシングルマザーなども、生活費を稼ぐために風俗業で副業バイトをします。

学生、昼職、子育てなどを持っている女性は、風俗バイトだけに集中することができないため、稼ぐ金額もそこまで多くはありません。
そのため、足りない学費や生活費だけを使うために稼ぐことが多いのです。
稼いだ金額は貯金よりも生活費などとして使用する場合がほとんどです。

借金返済に使う

風俗で稼いだ金額を借金の返済に充てている女性も居ます。
風俗業界には、何故か多額の借金を抱えた訳アリの女性も働いています。
稼いだ金額で借金をコツコツ返済するのです。
借金は利子が付く前にどんどん返済する方が安心です。

そのため、風俗で働き一気に返そうとしているのです。
借金返済をしている女性は、貯金は二の次です。
ですから、貯金はしていない、できないことが多いのです。
借金を返済している親や実家に仕送りをしている人も居ます。

親が病気で働けないなどと言う場合もありますので、自分が肩代わりしているのです。
また、中には奨学金の返済に使うという女性もいます。
奨学金も長年に渡り負担すべき大きな借金と言えます。
それらを早々に返して身軽になりたいと考えて風俗を選択するのです。

依存症で使ってしまう

買い物風俗で働く女性は、様々な依存症に苦しんでいる場合があります。
買い物依存症、ギャンブル依存症、ホストなどに稼いだ金額を全て使ってしまう人も居ます。
依存を辞めたくても辞めれない、貯金どころか稼いだ分は全て無くなるという負のループに陥っている場合があります。

依存症は軽度なものから治療が必要なレベルまでありますので、すぐに自分では改善できないこともあります。
風俗で働くストレスから一時的に依存になっている場合もあり、一生それが続くという訳ではありません。
しかし、依存症が原因で借金地獄に陥っている風俗嬢もいます。
ソープのナンバー嬢で、月に数百万円を稼ぐ女性でも、貯金ゼロ、借金スレスレの極貧節約生活をしている場合があります。

何気なく使ってしまう

一番多いパターンは、何気なく使ってしまい、貯金がなかなかできないというものです。
稼ぎが多くなる分、少しずつ生活が派手になってしまうのです。
毎日ワンメーターでもタクシーを利用してしまったり、食べられない量の食材を買い込んでしまって、結局捨ててしまったり、少し良い家賃の家に住んだり、買い物依存症とまではいかなくても、ブランド物を買い集めてしまったりと、何気なく多く使ってしまうのです。

特別に高価な大きな買い物をしないので、お金を使っているという実感がないため注意が必要です。
また、適齢期の女性は友人知人の結婚ラッシュでご祝儀貧乏になりがちです。
結婚式に招待されると、ご祝儀の他にもヘアメイク、ドレス、交通費、時には2次会とかなり費用が嵩みます。
こういった大きな出費も、何となくお金が無くなる要因かも知れません。

将来のために貯金

バブル期を知らない近年の風俗嬢は、稼いだ金額を将来のために貯金しているパターンも多くなりました。
あらかじめ目標額を決めていて、その金額を貯めたら早々に引退します。
生活は今までのまま、質素なものを継続し、しっかりお金を貯め込んでいるのです。

中には稼いだお金の一部を使い投資や資産運用をしたり、家屋や土地など不動産を買う人もいます。
貯金だけでなく、資産を作る事で将来に備えているのです。

無理なく貯めるには・・・

貯金稼いだお金を貯金したくても、なかなか思うようにできない・・・という人もいるでしょう。

貯めなくてはならないと思えば思うほどうまく節約できないものです。
そこで、お金を貯めている風俗嬢は、どんな風に貯蓄を増やしているのでしょうか。
無理なく貯める方法はいくつかありますので、自分に合う方法を実践してみましょう。
例えば、出勤時、道すがら買い物をしてしまいがちな女性は、手持ちを多く持ち歩かないことが効果的になります。

クレジットカードも持たず、小銭だけ持ち歩くという女性もいます。
最初は不安かも知れませんが、継続するうちにその手持ちだけでも大丈夫なようになります。
また、日給は貰ったらその足でATMへ行き、毎日こまめに預け入れをしています。
手元に残さないことで使う分を調整しているのです。

食事も基本的には自炊をし、おにぎりと水筒を持参して待機中に食べるという人もいます。
なるべく自炊をすることで、節約にもなりますし、美容効果も得られます。

格差が激しい

風俗嬢は、同じお店に勤務していても売れっ子ナンバー嬢と、お茶引き嬢では収入も大幅に違います。

リピート客の多いナンバー嬢で、お金を多く稼いでいても、稼いだ分をすぐ使ってしまい貯金ゼロという人もいますし、暇な嬢でも稼いだ分は全て貯金している人もいます。
そのため、風俗嬢の平均貯蓄額は一様に表わせない部分があるのです。
また、風俗嬢は売れっ子でも、身体を壊してしまうとなかなか稼げなくなってしまいます。
先月までは順調に稼いでいたのに、今月は数日しか出勤できないということも有り得ます。

その辺もきちんと視野に入れ働いているかどうかで貯蓄なども変化してくるのです。

無理のない生活を・・・

風俗嬢はお金に余裕が有り、裕福だろうと一般的には思われがちです。
しかし、風俗で働く事情は人それぞれですし、風俗業だから、月にいくら貯めなくてはならないという決まりはありません。

周りと比較せず、自分の身の丈に合う生活をしながら、コツコツ無理なく貯金ができれば良いと考えましょう。
あまり無理をして仕事のシフトを目一杯詰め込んだり、裏オプションをしてチップを貰おうとしたりすると、どこかで無理が出て苦しくなってしまいます。
また、一昔前に比べると、風俗でも簡単にお金を稼げるとは言えなくなってきました。
短期間で高額を稼ごうとしてもお店自体の客入りが悪ければ思うように稼げません。

あまり無理な計画は立てないようにしましょう。

まとめ

風俗嬢は実に様々な目的でお金を稼いでいます。
自分のことだけでなく、親や子、夫など家族のために働く人も多いものです。

稼いだお金を全て貯金する人、全額借金返済をしている人、一部を生活費に充てている人など色々な使い道があります。
貯金に励んでいる女性は、年間何百万円ものお金を貯めています。
風俗の職種などにより稼げる金額も変わってきます。
中には裏引きの様な危険行為をしている女性も居ますが、とても危険なので注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする