風俗嬢は性病感染覚悟の上?予防はないのか?

風俗嬢は性病になることはあるのでしょうか、求人サイトでは性感染症にならないため検査をしているから感染は心配ないなど掲載されていまね。
しかし、毎日不特定多数の日本人だけでなく海外の男性と性的プレイをして本当に感染はしないようなものでしょうか?

冷静に考えると、風俗店からうちの店には性病感染した女性は何人いて、いまそれで休んでいる女性がいるとは言わないですよね。
風俗店で働く女性が覚悟の上で働いているのではなく、まさかワタシは安全だろうと考えている女性か、毎日祈るように仕事をしているのかのどちらになるかと思います。
そんなあなたに、風俗で働くとどのように性病感染を覚悟しないといけないのか、チェックしていきましょう。

高級店では感染しないが大衆店や格安店では感染するの?

風俗店ランクで判断?

ランキング風俗店のランクが高級店・大衆店・格安店とありますが、それで性病感染するかどうかの判断はできません。
ランクであるのは、性病検査を定期的にするだけの管理ができているかどうかになると思います。
高級店の客層は地位と年収が高い男性がターゲットになります。

そのようなお客さんに性病感染させてはいけないから、定期的に性病検査していることはあります。
大衆店・格安店でもそのようにきちんと検査しているところもありますが、それは大手グループ店くらいだと思います。
風俗店を運営するのを優先して、風俗嬢たちには検査をするように号令をかけたとしても風俗嬢任せになっているお店はたくさんあると思います。

性病検査で感染が消えるのではない

性病検査したからといって性病感染していることが消えるのではありません。
性病検査はあくまで、性病検査結果が陽性で感染しているのか、陰性で感染していないのかの判断するだけになります。
毎日、不特定多数のお客さんと性的行為をしているなか、いつ・だれとプレイして感染したかなど、わかるものではありません。
そして、その後だれとプレイしたかなども記憶できないもので、わかったことは風俗嬢が感染していた結果だけになるのです。

性病感染するかどうかはプレイ内容

チェックリスト性病感染は、プレイ内容によって感染する可能性が高いか低いかがきまってくるものなのです。
プレイ内容の代表的なものは、ディープキス・全身リップ・キンタマ舐め・アナル舐め・指入れ・クンニ・手コキ・シックスナイン・生フェラチオ・素股・口内発射・顔面発射・ごっくん・放尿・アナルファック・S着本番・生中出し本番などになります。
プレイごとに感染する可能性がある性病についてチェックしていきましょう。
・ディープキスは咽頭クラミジア・咽頭淋菌・尖圭コンジローマ・梅毒
・全身リップ、キンタマ舐め、アナル舐めは、梅毒・肝炎・カンジタ・尖圭コンジローマ
・指入れは梅毒・カンジタ・ヘルペス
・クンニ、シックイナイン、生フェラチオ、素股、口内発射、顔面発射、ごっくんはマイコプラズマ、ウレアプラズマ・クラミジア・淋病・梅毒
・手コキは梅毒
・アナルファックはHIV(エイズ)・肝炎
・S着本番はカンジタ・ヘルペス
・生中出し本番は全てになります。
それでは、性病感染の予防はどうすればいいのかチェックしていきましょう。

性病には何があり予防はどうする

HIV(エイズ)

体内の免疫細胞が破壊されていくHIVは性病のなかで最も怖い病気ということは知っていますね。
この予防は普通の生活のなかで感染することはありません。
感染経路は性行為・血液・母子感染の3つになります。
性行為で言えば、セックス・アナルセックスでHIVを含んだ体液が粘膜部分や傷口に直接接触すると感染の可能性があるのです。
感染予防は、コンドームを着用したセックス・アナルセックスになります。

梅毒

いま都内で最も流行している性病が梅毒になります。
HIVのように完治しないことはありませんが、長い期間にわたって菌が体内で棲息してからだを壊していく性病になります。
HIVのように体内の症状ではなく、表面的にしっしん・ただれ・しこりが現れますが、潜伏期間が長く症状が表面にでてきたときには、かなり進行している性病になります。

HIVのようにセックス・アナルセックスを適切にすれば感染しないということはなく、粘膜部分の接触・唾液・症状がでている皮膚の接触で感染することがあるやっかいな性病になります。
コンドームだけでなんとかなる性病ではないのです。
相手も自分もいつもと違うと思ったら検査するしかないです。
初期でわかりにくい症状ですが、脚の付け根にしこりがでてきます。

クラミジア

国内でもっとも性病として感染している人が多くいるのが、クラミジアになります。
自覚症状がでにくいので感染している女性は多くいると言われています。
ただ、自然治癒する性病ではないので治療が必要で、放置していると将来出産で赤ちゃんに感染することもあります。

クラミジアは性器に症状がでる場合と、口・喉など口腔内にでる咽頭クラミジアがあります。
セックス・オーラルセックスで感染していくことになり、粘膜接触・唾液接触で感染していくことになります。
梅毒と同じでコンドームだけで予防することができない性病になります。

淋病

男性は、淋病になると自覚症状があらわれますが、女性はわかりにくいです。
クラミジアよりもなんとかわかるのが淋病になります。
クラミジアと同じで、性器・口腔内にでる咽頭淋菌があり、セックス・オーラルセックスで感染します。
粘膜接触・唾液接触で感染していくことになります。

梅毒と同じでコンドームだけで予防することができない性病になります。

コンジローマ

クラミジアや淋病のように感染する人数は少ないです。
症状は一目見て異常だということがわかるのでわかりやすい性病になります。

性器周辺・肛門など尖ったにわとりのとさかのようなイボイボがあらわれます。
粘膜・唾液・皮膚表面の傷口から接触することがあるので梅毒の感染経路と同じです。
これもコンドームだけでは防ぐことはできません。

ウレアプラズマ・マイコプラズマ

クラミジア・淋病のつぎに感染者が多いのが、ウレアプラズマ・マイコプラズマになります。
症状は尿道にでて炎症していきます。
クラミジアの症状にています。
おりものの量が増える・外陰部のかゆみ・排尿時の痛みなどがあり、感染力は弱いです。

粘膜接触により感染するのでコンドームによってある程度は防ぐことができます。

トリコモナス

トリコモナスは原虫が膣内にはいることで症状がでて、性行為で感染することになる病気です。
性行為だけで感染するのではなく、プール・温泉で共有している椅子・ぬれたタオル・トイレの便座からも感染する可能性があります。

カンジダ

カンジタを性感染症だと思う人もいますが、カビ菌のひとつになります。
だれもが経験している病気のひとつになります。
性交渉で感染するものではありません。

体の抵抗力が低下しているときに発症しやすくなっているのです。
ストレス・疲労・睡眠不足・風邪などになるので、十分な睡眠・栄養バランスを考えた食事・通気性のよい下着・デリケートゾーンを清潔に保つことが予防になります。

肝炎

肝炎は内科の病気で性病ではないから、なんでと思う人もいるでしょう。

たしかに、性病ではありませんが、性行為により感染することがあるのです。
一般的には輸血・予防接種などのイメージですが、性行為で傷が入りその血液で感染することがあります。
また、刺青・ピアスなどで感染することもあります。
とくに感染する性行為としてはアナルセックスになります。

肝炎かと思わないでください。
感染後放置して20年から30年で肝硬変になると言われています。

ヘルペス

ヘルペスも感染することになります。

原因はストレス・疲労から発症しているのではないかと言われています。
性器ヘルペスはセックスが原因になります。
一回発症すると何回も繰り返して症状がでるのが特徴になります。
粘膜・唾液により感染することになります。

感染者が使用したタオルから感染することもあります。

予防?症状と思ったら性病検査?

検査予防といっても風俗嬢にしたら限界があります。

つまり検査を何回もしていき陰性かどうかのチェックをするしかありません。
ただ、病院でも性病科に通院するとなると人目がきになると思います。
むかしは、それで行くのが遅れて症状を悪化させていたこともありましたが、いまでは、ネットで性病検査キットを取り寄せることができ、説明書に従い採取したものを返送すれば性病かどうかわかるようになっています。
3000円から15000円くらいで検査できるので、気になる方は早期検査をしましょう。

まとめ

性病予防について、結論をいうと性病感染者と思われる人との接触をしないようにするしかありません。
ご参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする