風俗嬢が知人バレを防ぐために気をつけたいことについて

風俗嬢であることが知人バレしてしまうといろいろとよくないことが起こりやすいです。
風俗嬢であることをばれないようにするためにどのようなことに気をつければいいのかについて説明していきます。
知人バレ対策は風俗店が行ってくれるものもありますが、風俗嬢自身が心がけていかなければならないこともおおくあります。

迂闊な行動で大切な人や関係や居場所を失わないようにしましょう。

知人バレはとても大変

鍵風俗嬢であることが家族や彼氏、会社が、学校、友達などにバレてしまうのはとてもよくないことが起こりやすいです。
風俗嬢というお金のために裸になる仕事は偏見に満ちています。
親しい人ほど信頼関係が崩れてしまい、離婚や絶縁、疎遠などになってしまいやすいです。

噂が独り歩きをしてしまい、退社や退学という事態になってしまうこともあります。
知人バレをしないための対策を立てるようにしましょう。

風俗店が行ってくれる知人バレ対策について

風俗嬢にとってだけでなく、風俗店にとっても風俗嬢の知人バレはとても避けたい事態です。
風俗嬢に安心して働いてもらうために様々な対策を行っているので、必要ならば利用をしましょう。

アリバイ会社を作ってくれる

アリバイ会社を用意している風俗店はとても多いです。
アリバイ会社は電話の取次ぎはもちろんのこと、専用の名刺、メールアドレス、源泉徴収票、給与明細書などを用意してくれます。
とはいえ、書類の類は一般人がぱっと見た時に信じることが出来る程度で、公的な期間に提出したり不動産会社に勤め先を証明したりするのには使えません。
注意しましょう。

知人との鉢合わせを防いでくれる

知人バレとして1番言い逃れをしにくいのがお客さんとして鉢合わせしてしまった場合です。
これを防ぐために、店舗型の風俗店ならばモニターやブラックミラーを設置し、風俗嬢がお客さんをチェックすることができるようになっているお店は多いです。
デリヘルの場合はNG地域やNG番号などを設定することができます。

写真の加工

マウスポインタお店のホームページやパネルに使う写真はモザイクをかけたり、加工をしたりすることで、知り合いに見られてもすぐには分からないように配慮してくれます。

顔出しをしなくても良いといってくれる風俗店もあります。
ただし、顔出しをすると特別な手当をつけてくれるお店もあります。
特徴的な傷痕、ホクロ、タトゥーなどは必ず消してくれます。

風俗嬢自身が行う知人バレ対策

知人バレ対策はお店だけに頼っていてはいけません。

むしろ、風俗嬢自身が行う知人バレ対策のほうが大切です。
今の生活が気に入っているのならば、自分自身で台無しにしないようにしなければなりません。

絶対に誰にも話さない

風俗嬢が知人バレをしてしまう原因としてかなり多いのが、風俗嬢自身が人に話してそこから噂が広まってしまうというものです。
風俗嬢という仕事はとても刺激的です。

ついつい誰かに話してしまいたくなりますが、少し考えてみましょう。
自分自身ですら守れない秘密を他人が責任をもってまもってくれるのでしょうか?
また、人と人は何処で誰が繋がっているか分かったものではありません。
たった1人に喋ってしまったばかりに多くの人が知る噂になってしまうことはとても多いです。

どうしても話したい愚痴や悩みなどがある場合は気の合う同僚と話したり匿名のネットに書き込んだりしましょう。

金回りをよく見せない

風俗嬢は高収入です。
日払いで多額の現金が手に入ってしまうと財布の紐が緩くなってしまいがちですが、それが知人の目に見える形であってはいけません。
急に値の張るものを身につけるようになったり、外食が多くなったり、遊び方が派手になったり、タクシーを頻繁に使うようになったりすると周囲の人に違和感を与えるようになります。

あからさまに金回りの良さを見せないようにしましょう。
できるだけ貯金に回しましょう。
ブランド物の服やアクセサリーカバンなどはボーナス時期などに少しずつ買うとあやしまれにくいです。

写真などに個人情報を写さない

風俗嬢の中には営業用の写メ日記をつけている人もいます。

写メ日記の写真は油断すると知人バレに繋がるものが写り込んでしまいやすいので投稿する前によくチェックするようにしましょう。
ホクロやタトゥーなどだけでなく、自撮りをするときには専用のスマホカバーを用意するのがおすすめです。
下着や服などもお仕事専用のものと分けることをおすすめします。

自宅や会社、学校などと離れたお店で働く

自宅の近くや会社や学校の近くのお店で働くのは通勤にとても便利ではありますが、鉢合わせしてしまうリスクが高くなってしまいます。

できれば同じ路線にあるお店は避けるようにしましょう。
出稼ぎにいくと知人バレのリスクはかなり下げることが出来るようになります。

電話の管理をしっかりする

携帯電話風俗嬢は勤務時間以外にも仕事関係で電話を使うことが多いです。
お店からの出勤確認、写メ日記の更新、お客さんとの営業メールなどをしなければなりません。

携帯が頻繁に鳴ったり、それに焦ったそぶりをしたり、あからさまに無視をしたりすることを繰り返していると怪しまれるきっかけになってしまいます。
いきなりロックをかけたり肌身は出さないようにしたりするのも怪しまれることになるかもしれません
お店からの出勤確認はたのめばメールで済ませることができたり、自分からかけることを認めてくれたりすることが多いです。
携帯に振り回されないようにしましょう。

嘘は一貫させる

風俗嬢をしているとバレないためにたくさんの嘘をつかなければなりません。
この時、その場その場で嘘を考えていついていると段々と破綻をしてきて、怪しまれます。
嘘をつくときは事実を織り交ぜながら、一貫性のある嘘をつくようにしましょう。
信憑性が出やすいですし、自分自身のストレスや負担もへります。

エッチのときは受け身に徹する

風俗嬢の仕事をしているとエッチのテクニックがあがってきます。
しかし、それを彼氏や夫相手に披露してしまうと違和感を与え、バレるきっかけになりやすいです。
なるべくプロの技は封印して受け身に徹しましょう。
もし、エッチがうまくなったことを指摘されたら「あなたに喜んでほしくてネットで勉強をしたの」と言いましょう。

性病を感染させない

風俗嬢は性病のリスクが常にあります。
性病に感染して、さらにそれをパートナーに感染させてしまうとバレたあとの関係修復はかなり困難です。
できるかぎりの予防をすることはもちろんのこと、定期的に性病検査を受け、早期発見早期治療に務めましょう。

疑われても認めてはダメ

知人に風俗嬢であることを疑われたとしても、認めてはいけません。

これはとても大切なことです。
認めなければバレたことにはなりません。
噂になっている、写真が似ている程度で風俗嬢であることを自ら明かす必要はありません。

風俗嬢は知人バレを絶対に防ぎましょう

風俗嬢として安定して働くためには知人バレを徹底的に防ぐ必要があります。
お店はアリバイ会社を用意してくれたり、写真の加工をしてくれたりします。
しかし、お店だけに頼るのではなく、自分自身での知人バレ対策がとても大切です。
誰にもしゃべらない、金回りの良さを見せない、写メ日記に余計な情報を入れない、電話の管理をしっかりする、嘘をつくときは一貫する、近場で働かないなどということを心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする