デブが理由で勤務先が無いなら、田舎に出稼ぎがオススメ!

世の中の女性の中で、自分自身の外見に「自信」を持って生きている人って、いったいどの位いるのでしょう。
周囲からの評価、つまり他人の評価は考えないとしてもそこまで多くないと思えます。

過酷な現実ですが、外見の良し悪しは、様々な損得を生みだします。
風俗業界においても例外ではなく、むしろ男性を相手とする商売である為に、余計に厳しい世界とも言えるのかも知れません。
20代であれば、「若さ」という武器のみで、採用を勝ち取れたり、外見、容姿に自信が無くてもカバーできる部分はあるでしょう。
しかし、時間の流れだけは誰にも平等で必ず、歳を取ります。

体型も崩れる時が訪れるでしょう。
もちろん、最初からポッチャリさんもいますし、残念ながら「デブス」と呼ばれてしまう女性もいるはずです。
その様に、誰しもが自信が持てない状態の時には、風俗ですら勤務先が見つからないなんてことが起こり得ます。
しかし生きていくには稼がなければなりません。

そこで、「体型に自信の無い女性」「デブスと呼ばれる女性」「年齢が高い女性」にオススメできる風俗の稼ぎ方を紹介しましょう。

都市部よりも地方

電車まず、絶対的に都市部よりも地方のほうが、採用される確率が高いです。
どの程度から「都会」と表現するのかは、人それぞれでしょうが、都会には黙っていても人が集まって来ます。

ですから必然的に、そもそもの採用枠自体が狭まります。
椅子取りゲームを超大人数でやる様なものです。
その椅子取りゲームに重りを付けて参加している状態、つまり外見においてハンデがある為、なかなか椅子が取れないのはご理解いただけると思います。
ですが、ある程度の地方に行くと、椅子取りゲームに参加する人数自体が少なくなります。

そうすると、主催者側も定員を割ってしまってはゲームにならないと、参加自体に寛容になります。
つまり、風俗で働くことを希望する女性が少ない地方では、都市部に比べて採用率が良いということになります。
そのような地域でも、男性からの風俗需要はあるので、外見に自信の無い女性は地方で稼ぐことをお勧めします。

マニア向けの専門店

地方によっては、マニア向けの専門店が存在することがあります。
店舗型や派遣型など地方により異なりますが、自身の無い女性にとっては有難いジャンルばかりではないでしょうか?
・ポッチャリ専門店
・爆乳専門
・熟女専門
・デブス専門
上記の様に、自信が持てない部分が、採用条件になっている店もあります。
ですから、一般的な採用、合格基準で不採用とされてしまった女性も、該当する部分によっては採用がほぼ保証されるでしょう。

ポッチャリ専門や、爆乳専門はニーズが高いマニア向けであるようです。
体重によってバック率が異なる店舗も存在します。
重ければ重い程、稼げる様になっている様で特徴的です。
熟女専門は、人気の高いジャンルでもあります。

熟女は、サービスが濃厚でテクニックが高いと、男性からイメージがある様です。
若い男性が、年上の女性を求めて来店する場合も多く、ニーズが途切れないのも特徴と言えるでしょう。

給料面について

お金 封筒地方であっても、マニア向けであっても、何よりも重視したい部分は「給料面」であるはずです。

残念ながら全国の地方の、給料を参考にすることは厳しいので、ハッキリと金額を掲載することは出来ません。
しかし、バック率、給与に関して、通常の風俗よりは劣ることは、ほぼ間違いないでしょう。
これは、外見や体系が劣っているという部分から考えれば仕方のないことだと思えると思います。
そもそもの価格設定自体が、高いと必然的に集客が見込めないのは、火を見るよりも明らかでしょう。

ですから、稼ぎたいと考えた場合は、回転率を良くし本数をこなすしか無いでしょう。
しかし、余程のマニアでない限り毎回毎回、リピートをする男性はいないと考えられる為、固定の男性を作る為には、それ相当の努力が必要です。
ふくよかな体系を活かしてのテクニックなど、何か一つ他の女性に負けないと、自分自身が思える様なポイントが無い限り、リピーターは難しいと考えるべきです。
それに伴い、「楽しい時間を作る」という意識を、常に持つことが最も重要であると思えます。

自分自身に自信の無い女性は、ネガティブになりやすく、暗い雰囲気の女性が多いです。
男性は、楽しい時間にしたいと思っていない人はいないはずですから、必要以上に明るく楽しく過ごせる様に心がけるべきです。

それでも見つからない場合

地方やマニア向けのジャンル全て、不採用、または自身が良いと思えない。

つまり、勤務先が見つからない場合。
ソープ」にジャンルを絞って、再度挑戦をしてみることをお勧めします。
なぜ「ソープ」かというと、基本的にソープは最終的にと考える女性が多いという点が、まず理由としてあげられます。
その為、ソープ街として名高い地域、例をあげれば吉原などでは在籍女性も豊富ですが、地方のソープとなると、在籍嬢の席が空席の場合が多いのです。

そのため、採用面から考え「ソープ」は好条件であると考えられます。
いってしまえば、椅子取りゲームの定員割れを起こしている場合が多いのです。
ですから、他業種に比べて採用して貰いやすいとも考えられるでしょう。
しかし、やはり容姿、外見に自信が無い場合は、いかに地方のソープであっても厳しい場合も出てきます。

そこで、出勤時間、日数、可能なサービスなどは、他の女性よりも努力をする意思があることを示しましょう。
週に5日以上は出勤出来る事、時間も長時間が可能。
砂時計これは可能な限り努力すべきです。
自信が無い上に、他の女性と同様な条件であれば不採用になる可能性は当たり前ですが高くなります。

サービスに関しても同様です。
少なからずNS、もしくはNNも覚悟が必要かも知れません。
しかしサービスに関しては一生に関わることかも知れないので、しっかりと考えたうえでの決断が必要であると思います。

総合的に地方がオススメ!だが・・

自分自身に自信が無い女性の場合、地方に出稼ぎに出る方が様々な面でオススメできる理由は理解できたでしょうか。
稼ぎたくても、採用して貰えないかぎりスタートすら出来ないのですから、やはり採用の確率が高い地方を選定すべきであると思います。
あまりにも、不採用が続いてしまう場合、面接や次を探すことすら嫌になってしまい、個人的に稼ぐことを考えてしまう女性も中にはいるでしょう。
しかし、衛生面、安全面、どれをとっても絶対に選んではいけない道であります。

そのような時は、いったん一休みをしましょう。
そしてまた最初から同じことを繰り返してみるのも良いと思います。
一度、不採用であった店も、時期が異なれば状況も変化している場合があります。
焦らないことも大切だと考えましょう。

そして何よりも大切なことがあると思います。
「デブス」と自分自身が思える女性の場合、「デ」を無くす努力をすることです。
「ブス」に関しては努力だけでは、どうにも超えられない壁は確実に存在します。
しかし、「デ」。

つまり太っていることに関しては、自分自身の努力で改善できる問題です。
もし、「不採用」となってしまう自分自身を変えたいと思う気持ちがあるのであれば、その気持ちを強く、そして長く継続させることが本当は一番の採用への近道なのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする