ハーフってソープでも働けるの?国籍や見た目でNGになる?

ハーフやクオーターの女性と言えば、ここ数年テレビ番組やファッション誌でもよく見られますよね。
その華やかな容姿やスタイルの良さから、女性からの支持が高いのはもちろん、男性からも人気が高い存在となっています。

彼女達には日本人とはまた違った可愛さや美しさがあるので、「可愛い!あんな風になりたい。」と、女性の憧れの的になっています。
性格も明るく天真爛漫で人懐っこい女性が多いイメージがあり、日本人には無い感性なども興味深いところですよね。
そんなハーフやクオーターの女性達ですが、ソープで働きたいと思った時に、果たして働く事はできるのでしょうか?

今までのソープでは、なかなか見かけなかったような気がしますよね。
今回は、ハーフやクオーターの女性でもソープで働けるのか、詳しく見ていきます。

ハーフやクオーターの女性はソープで働ける?

女性ハーフやクオーターの女性がソープで働けるかどうかは、国籍がどこの国になっているかという事が問題になってきます。

日本国籍であれば、まず何の問題もありません。
ほとんどのお店で、問題視される事は無いでしょう。
一方、もしも外国籍しか持っていない場合は、ソープで働く事は難しいでしょう。
実は、普通の就労ビザではソープを始めとした風俗店で働く事ができないと、日本の法律で決められているのです。

もしそれらを無視して働けば、法律違反となり、働いていた嬢も雇っていたお店側も、両方が罪に問われる事になるのです。
きちんとしたソープランドはそういったリスクを負いたくないので、外国籍の女性を採用する事はまずありません。
中には違法な風俗店があり、そういったお店なら、日本国籍が無くても何も言わずに雇ってくれるかも知れません。
しかし、それは法に触れる行為になりますし、そういったお店は危ないお店ですので、警察からマークされている可能性も高いです。

もしもお店に警察が踏み込み、その場に居合わせてしまった時には、嬢も警察のお世話になるのです。
そういった危険と常に隣り合わせになりますので、違法なお店に応募するのは止めておいた方が賢明でしょう。

ハーフやクオーターは風俗でも人気?

女性ハーフやクオーターの女性は、男性からも人気があります。

完全な外国人だとどう接して良いか分からずに緊張してしまう、敷居が高い、と感じる日本人男性は非常に多いです。
そんな日本人男性でも、ハーフの女性で日本語も話せる相手なら、話し掛けやすいし接しやすい、と感じるようです。
よく金髪美女が好きという男性もいますが、実際に金髪美女が目の前にいたとしても、緊張してなかなか積極的に声を掛けたりはできないのが日本人男性です。
とは言え、テレビで観るようなハーフの可愛い女性とは、実生活ではそうそう出会えるものではありません。

そんな時に風俗のお店に行って、そこにハーフの嬢がいたら、その見た目と物珍しさから、すぐに目に留まります。
ハーフの風俗嬢は現在まだそれ程多くはありませんし、「どんな感じなのかな?日本人の子とは違うのかな?」と、興味津々になる男性が多い事でしょう。

そういった点から見ても、ハーフの風俗嬢の市場価値はかなり高いと言えます。
さらに、今はまだ競争相手になるハーフ嬢自体の数が少ないので、稼ぎやすい状況です。
ハーフ嬢専門のお店などでなければ、上手くいけば一人勝ちになるかも知れません。
ハーフというだけでも、十分売れっ子嬢になれるスペックを持っているのです。

ですが、「自分は他の嬢とは違うから。」と、ここであぐらをかいていてはいけません。
真面目に仕事をしない嬢はお店からも大事にしてもらえませんし、当然、お客様も離れていってしまいます。
ハーフの女性は、日本人女性とは違った容姿という点が武器になりますので、ソープやデリヘルの高級店でも採用される可能性は高いでしょう。

もしも高級店の面接で不採用になったとしても、一つランクを下げて他のお店に応募してみましょう。
高級店ともなると面接は厳しく、ハーフだから、可愛いから、というだけですぐに採用とはいきません。
高級店で働くには、見た目だけではなく態度や性格、話し方なども重要視されているのです。
ハーフやクオーターの女性は、ソープでも人気嬢になれる可能性を大いに秘めていますし、指名客を多く掴む事ができれば、稼げる金額も一気に大きくなっていきます。

また、ソープはキャバクラやクラブのような会話中心の接客ではないので、もし日本語に少し自信が無いとしても、ある程度はカバーできます。
また、高級店に入店できれば、福利厚生や待遇もしっかりしているので、働きやすく安心でしょう。
また、高級店は特にお金持ちのお客様や紳士的なお客様が通っている事が多く、客層が良いので安心して働けます。
ソープだけではなく様々な風俗の業種で働く嬢がいますが、彼女達の平均的な日給はおよそ三万円前後と言われています。

ハーフやクオーターの嬢で人気が出れば、その金額を軽く超える事も可能でしょう。
特に、白人系のハーフやクオーターの嬢は人気が高いようです。
一方、年配のお客様が多いお店などの場合、ハーフやクオーターの女性は採用されにくい傾向にあるかも知れません。
と言うのも、年配の方は清楚な雰囲気の女性や、昭和っぽい顔立ちの女性が好きな方が多いので、ハーフなどの見た目にインパクトがある女性に慣れていない事が多いのです。

中には、日本人離れした容姿の女性に、強い抵抗を感じる方もいらっしゃいます。
昔からある老舗などは年配の常連客の方が多いので、ハーフやクオーターの女性を積極的に採用するお店は少ない可能性があります。
また、年配の方に限らず、ハーフやクオーターはあまり好きではないという方もいらっしゃいます。
その点も覚えておくと良いでしょう。

ハーフやクオーター嬢の需要

グラフ最近は、ハーフやクオーター嬢の専門店というのが増えてきています。
特に、ソープよりもデリヘルの方にその傾向が強いようです。
ソープなどの店舗型のお店では、まだハーフを受け入れてくれるお店はそこまで増えてはいないようです。

その中には、ハーフ人気に便乗して悪質な商売をする店舗も出てきています。
ハーフの嬢がお店に在籍していないにも関わらず、「ハーフ専門店」と偽って営業しているというのです。
そういったお店は大抵ブラック店で、働く嬢の事も大事に扱っていません。
そういった怪しいお店には、絶対に応募しないようにしましょう。

きちんとした求人広告を見て、その中から自分に合ったお店を探して下さい。
多くの店舗を営業している大手のグループや、昔から営業しているような老舗の中から選ぶと、いくらか安心でしょう。
また、最近は日本へ観光に来る外国人男性を対象とした風俗が増えています。
今までは、トラブルなど面倒な事になるのを避ける為、外国人のお客様は入店できないお店が多くありました。

特に、ソープではそういったお店がほとんどでした。
ところが、最近は外国人のお客様も受け入れるお店が出てきています。
そんな流れもあり、そういった外国人のお客様にも対応しやすいようにと、ハーフの嬢を積極的に在籍させるお店もあるようです。
そういった面からも、ハーフの風俗嬢の需要は高まってきているのです。

まとめ

ハーフやクオーターの女性でも、国籍が日本なら何の問題も無くソープでも働ける事が分かりましたね。
日本国籍を持っていない場合は、きちんとしたソープのお店で働く事はほぼ不可能です。
そして、日本国籍があっても、どこの国とのハーフなのかや見た目などでも、お店によっては採用されにくい場合がある事も分かりました。

もしも、「自分はハーフだけど、ソープで働きたい、稼ぎたい!」という強い希望がある女性は、まずはどのお店なら採用されるだろうかといった点など、しっかり調べてみましょう。
きっと、あなたが活躍できる、輝ける場所があるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする